医療レーザー脱毛で全身脱毛の詳細

> > 医療レーザー脱毛で全身脱毛

医療レーザー脱毛で全身脱毛

脱毛には、エステサロンでおこなう「光脱毛」と皮膚科などのクリニックでおこなう「医療レーザー脱毛」があります。

今回の記事では、その違いを「全身脱毛」の場合についてまとめてみましたので、ぜひ参考になさってくださいね。

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは、医療用レーザーを用いた脱毛方法です。

「黒のメラニン色素」に反応する波長のレーザーを照射すると、黒い毛に熱が吸収されて毛根にある毛乳頭に集中し、毛根の組織を破壊します。

クリニックなどの医療機関では、医師が常駐しています。万が一施術中にトラブルが発生しても適切な処置がとられるため、強力なレーザー機器を使用することが許可されています。

一方、エステサロンは「毛根を破壊する脱毛」は行ってはいけないとされており、低出力の機器のみを使用しています。

医療レーザー脱毛で全身脱毛するメリット

回数が光脱毛よりかからない

体毛はすべての毛がいつも伸び続けているのではなく、大きく3つの成長サイクルがあり、これを毛周期と言います。

毛が成長する「成長期」、成長が止まり抜け落ちるまでの「退行期」、発毛が止まる「休止期」。

毛根にダメージを与えやすい時期が「成長期」で、逆に退行期や休止期にレーザーを照射しても反応しないので、成長期に照射する必要があります。

しかし、毛はそれぞれの場所によってサイクルが異なるので、それぞれの成長期にあわせて複数回の施術をすることで、徐々に脱毛が完了していきます。

クリニックや、使用される機種によって必要とされる照射回数は異なってきますが、一般的に5〜6回の施術を1年から1年半程度かけて脱毛が完了されています。

光脱毛は、出力が弱いので、ムダ毛がほぼない状態にするまでに12回から18回かかると言われています。

アフターケアが万全

施術を行うのは、医療従事者である「有資格者」が照射を行います。リスクや万が一の対応などをしっかりと身につけているので安心です。

カウンセリング(診断)の際には医師が肌の状態を診察し照射パワーを決定します。

また、施術後の肌トラブルの際も医師が治療を行い、その場で必要な薬を処方することもできます。

脱毛するごとに肌がきれいになる

元々肌のシミ治療に使用されていた機器を応用したのがレーザー脱毛です。

メラミン色素を破壊するので、レーザーを当てたところにシミやそばかすがあった場合は除去することも可能です。

目だったシミ、そばかすがなくても、「肌が明るくなった」「肌のキメが整った」の美肌効果が得られるというメリットもあるようです。

医療レーザー脱毛で全身脱毛をするデメリット

1回当たりの費用が高い

照射出力の高い医療レーザーのほうがやはり高めになります。病院での処置になりますが、保険適用はされません。

しかし、その分施術回数も少ないですし、完了期間も短くなります。

エステサロンの場合は、キャンペーンのサービスやモニター価格割引などがあってお得な場合もありますが、施術回数が多く、脱毛が満足いくレベルに達するまでに追加料金がかかることもあるので、かえって金額がかかることも。

そのため、総額でいうと「医療レーザー脱毛の方が安くつく」という場合もあるようです。

光脱毛より痛い

やはり照射出力が高い分、痛みもあるようです。

ただ、痛みは個人差があり、また我慢できない場合は、レーザーの出力を調節してもらったり、希望すれば麻酔を使ってもらったりすることもできます。

麻酔には笑気ガス(亜酸化窒素+酸素)を吸入する笑気麻酔や、麻酔クリームを塗る皮膚麻酔などが使われます。

麻酔は医療機関だから使えるもの。痛みに敏感な方でも安心して施術を受けることができるのはメリットともいえます。

脱毛にはリスクが伴います

やけど・打ち漏れ

毛状が複雑な施術部位ほど照射が難しく、レーザーを当て損ねる部位が出てしまうと、毛がかたまりで残ってしまうことがあります。

硬毛化・増毛化

本来脱毛を行うはずが、かえって毛が濃く硬くなったり(硬毛化)、増えてしまったり(増毛化)することがあります。背中や二の腕の産毛など、もともと毛が薄い部位で起こるリスクが高くなります。

毛嚢炎(もうのうえん)

レーザーの熱によって毛穴が殺菌されると同時にバリア機能が軽いダメージを受けますが、その際に雑菌が入ってしまい炎症を起こす場合があります。

毛穴の周囲が赤くなり、痛みを感じたりニキビのようになったりします。

炎症性浮腫

皮膚の赤みやヒリヒリ感や点状のむくみで照射後はほぼすべての方に見られますが、大抵は翌日には治まります。

いずれのリスクも医師が常駐していますので、責任もって治療やアフターケアをしてくださいます。迅速にきちんと処置することで後遺症もなく、しっかり脱毛の効果も出すことが出来ます。

医療レーザー脱毛で全身脱毛にかかる時間

レーザー脱毛の流れ

カウンセリング

適切な施術ができるように、脱毛したい範囲の希望や肌の悩みを聞きます。希望部位の毛質や毛量、状態などの診察を受け、最適なプランを提示してもらいます。

剃毛

毛が伸びていては照射できないので、事前に剃毛を指示するところもあります。

レーザー照射

レーザー照射により脱毛を施していきます。

アフターケア

施術後の敏感になっている肌にトリートメントなどを施します。

クリニックによって時間は異なりますが、一般的に「上半身1時間30分」「下半身1時間」「VIO(デリケートゾーン)30分」と、トータル4時間で体の負担を考えて、上半身、下半身とパーツに分けて行うクリニックが多いようです。

全身脱毛におすすめの医療レーザー脱毛・光脱毛とどっちがいい?

では、医療レーザーによる脱毛と光脱毛、どちらがいいか比較してみましょう。光脱毛は毛根を破壊しない“抑毛、減毛”です。

痛みに弱い、初期費用を抑えたい、一部の部位のみの方は光脱毛でよいかもしれませんが、光脱毛はあくまで減毛で脱毛が完了してもまた生えてきます。

レーザー脱毛は、毛根を破壊する“永久脱毛”です。

しかし「1度施術すれば、その後は2度とムダ毛が生えてこない」わけではありません。

残念ですが、永久脱毛の定義は「脱毛の終了から1か月後の時点で、毛の再生率が20%以下の場合」とAEA(米国電気脱毛協会)で決められた定義があります。

これにあっているのが医療レーザー脱毛です。他の永久脱毛法に比べて痛みが少ないので、現在永久脱毛の主流になっています。

全身脱毛の場合、ニードル脱毛と医療レーザー脱毛のどっちがいい?

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛とは、毛穴1つ1つに絶縁針を入れて電気を流して毛を生やす細胞を破壊する脱毛方法です。

ニードル脱毛は一昔前まではかなり一般的でした。ほぼ確実な永久脱毛の方法と言われています。

しかし、毛穴1つ1つなのでとにかく時間がかかります。

また、単価も高く、毛の量が多い人は施術時間も普通の人よりかかってしまいます。

たとえば、ワキの場合、エステによってもかなり違いますが、普通の人で5時間、毛の濃い人で15時間かかると言われており、14万円〜90万円かかることになります。

これが、全身コースになるとかなりの時間とお金がかかります。そしてなによりもかなりの痛みを伴います。とにかく“痛い”

現在でもあまりの痛さに我慢ができず通えない、1つ1つの毛穴に刺して電気を通していくため、肌が内出血を起こす、炎症を起こす、赤みがなかなかひかない、カサブタができてしまうなどの肌トラブルも多いです。

どっちがいい?

ニードル脱毛は唯一永久脱毛だと認められていますが、痛くて時間も施術料金もかかります。個人差はありますが、ニードル脱毛にくらべたら半永久脱毛の医療レーザーはあまり痛くなくて30万円前後で済みます。

全身脱毛の場合は、よほどの理由がない限り、医療レーザーのほうがおすすめです。

ただ、色素が濃い場所は光脱毛や医療レーザー脱毛ではできないので、部分的な脱毛やバストトップ周囲ぎりぎりの脱毛、色素沈着のある部分、ほくろから生えている毛などに対してはニードル脱毛が有効です。

まとめ

「とにかく急いで1回だけ脱毛したい」という場合は、脱毛箇所によってはサロンで行う光脱毛で行うこともメリットがあります。

しかし、全身を永久脱毛したい、長期的に見て少しでもずっとツルツルでいたいと思うのであれば、医療レーザー脱毛のほうが結局は経済的で安全です。

そして「脱毛は肌トラブルが起きる可能性がある」というリスクがあることも忘れないようにしましょう。

クリニックの選び方のポイントは、医師が常駐していて、万が一の時に適切な処置をお願いできるところがおすすめです。