家庭用脱毛器で全身脱毛の詳細

> > 家庭用脱毛器で全身脱毛

家庭用脱毛器で全身脱毛

全身脱毛というと、エステサロンや脱毛クリニックなどを思い浮かべることが多いと思います。でも最近は、家庭用脱毛器を使い、自宅で全身脱毛を行う方が増えていることをご存じですか。

そこで今回は、家庭用脱毛器の種類や使い方、全身脱毛への効果などを調査していきたいと思います。

家庭用脱毛器とは?

ご家庭で脱毛をする方法としてメジャーなのは、カミソリや毛抜き、脱毛クリームなどですよね。最近は、海外セレブが使っているブラジリアンワックスも人気です。

ただ、どれも今生えている毛を一時的に処理する方法なので、時間が経てば元通り毛が生えてきてしまいます。

一方、家庭用脱毛器は、エステサロンの光脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛のように、徐々に毛量を減らしていくのが目的です。現在販売されている家庭用脱毛器には、

  • @肌に光を照射して減毛効果を促すフラッシュ式とレーザー式
  • A肌表面に出ている毛を熱線で焼き切るサーミコン式
  • B毛を引き抜くタイプ

の主に3種類があります。この中で効果が一時的ではなく、使い続けることで減毛や抑毛が期待できるのは、@のフラッシュ式とレーザー式の脱毛器です。

家庭用脱毛器の使い方

メーカーごとに多少の違いはありますが、どのフラッシュ脱毛器もレーザー脱毛器も基本的な使い方は同じです。

1.毛を剃る

フラッシュやレーザーの光が、黒いメラニン色素が集まる毛根部分にしっかり届くよう、まずは肌表面に出ている毛を自己処理します。毛抜きは、毛根ごと引き抜いてしまうためNG。肌に負担をかけない電動シェーバーを使うのがオススメです。

2.脱毛部位を冷却する

人によっては脱毛の際に痛みを感じることがあります。保冷剤を使って冷却することで、痛みを緩和することができます。

3.照射する

ムダ毛の気になる部分にプローブを当てて照射していきます。少しずつずらしながら、照射漏れがないように当てていきましょう。機種によっては、脱毛部位や毛の太さなどによって照射出力を調節できるものもあります。痛みを感じる場合は、照射レベルを下げましょう。

4.冷却する

赤みやほてりを抑えるために、脱毛後の肌は再度保冷剤を使ってしっかりと冷却します。脱毛が全て終わったあとに冷やすのではなく、右手に脱毛器、左手に保冷剤を持ち、1発照射するごとに照射範囲をすぐに冷却をすると、より肌ダメージを抑えられます。

5.しっかり保湿する

脱毛後の肌は乾燥しているため、クリームなどでしっかり保湿をします。このとき、スーッとした使用感のあるメントール入りのローションは、脱毛後の肌には刺激になるので使わないようにしましょう。

家庭用脱毛器で全身脱毛をするメリット

本当は脱毛エステに行きたいけど、通える範囲に店舗がないという方もいることでしょう。また、勧誘されるのが嫌で、エステに行くのをためらっている方もいるかもしれません。

自宅で気兼ねなくムダ毛処理ができる家庭用脱毛器。ほかにどのようなメリットがあるのでしょうか。

1.自分のタイミングで脱毛できる

エステやクリニックの場合、毛の生えるサイクルである毛周期に合わせて2〜3ヶ月おきに脱毛を行うことが多いです。そこで事前に予約を取ることになるのですが、風邪をひいてしまったり、生理にあたってしまったり、急な予定や残業が入ったりする可能性も結構あります。

サロンによっては、キャンセル料がかかることもあれば、キャンセルを施術1回分とカウントされてしまうことも。また、人気のサロンはなかなか予約が取れず、施術の間が3〜4ヶ月空いてしまうケースもあります。

その点、家庭用脱毛器なら、体調の良いとき、時間があるとき、休日など、いつでも自分の好きなタイミングでケアすることができます。

2.全身脱毛が安くできる

最近は数百円〜数千円でワキ脱毛ができるサロンも増えてきました。そんなに安く脱毛できるなら、家庭用脱毛器を買う必要なんてないのでは?と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

でも、ワキがキレイになると、ヒザ下も脱毛したい。ヒザ下がキレイになったらヒザ上も気になる。腕もVラインも…となるのが女性の心理。

エステやクリニックは部位が増えるほど追加料金がかかりますし、初めから全身脱毛のコースを申し込んだとしても、安くて20〜30万円ほどはかかります。

家庭用脱毛器なら、4〜7万円が相場。エステよりはるかに安い料金で全身脱毛をすることができます。

3.恥ずかしい思いをせずに脱毛ができる

普段は目立たない部分ですが、水着を着たとき、新しい下着を選ぶときなどに気になるのがいわゆるVIOラインと言われるデリケートゾーン。最近は、エステでもこのVIOラインのコースを受ける女性が増えています。

…とは言え、デリケートな部分を他人に見られるのは、ものすごく抵抗があるという人も多いことでしょう。でも、家庭用脱毛器なら、誰の目も気にすることなく、自宅でこっそりムダ毛処理ができます。

また、体毛が濃すぎて見られるのが恥ずかしい、ワキガや体臭が気になってエステに行きづらいという方でも、家庭用脱毛器なら安心ですね。

家庭用脱毛器で全身脱毛をするデメリット

たくさんのメリットがある脱毛器ですが、デメリットとしてはどのようなことが考えられるのでしょうか。

肌トラブルが起きた際は自己責任になる

美容クリニックなどの医療機関では、看護士が施術を行うため、何かトラブルがあった際はすぐに軟膏を塗る、医師に診察してもらうなどの対処をしてもらえます。

エステサロンでは治療はできませんが、医療機関と提携しているサロンであれば皮膚科医を紹介してもらえます。

家庭用脱毛器は、一般の方が自宅で安全に使用できるよう設計されています。しかし万が一、ヤケドなどのトラブルが発生した際は、自己責任になるのが注意点です。

自分では処理しにくい部位がある

家庭用脱毛器の場合、自分1人で使用する際にはどうしても脱毛しにくい部位があります。例えば、背中、うなじ、ビキニラインの1つであるOライン(肛門まわり)などです。

背中やうなじなどの手が届かない部分は家族や友達にしてもらう、Oラインは床にスタンド式の鏡を置いて、目で確認しながら処理しているといった方もいるようです。

家庭用脱毛器で全身脱毛にかかる時間

仕事や子育てが忙しくて、エステやクリニックに通えないから家庭用脱毛器を購入したい、という方はとても多いです。では、家庭用脱毛器で全身脱毛をするのには、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。

脱毛にかかる所要時間は、脱毛器によって違う

実は、脱毛にかかる時間は脱毛器のスペックによってとても大きな差がでます。

特に重要なのは、照射口の大きさ。照射面積が広いと1発の照射で脱毛できる範囲が広いため、短い時間でケアができます。また、チャージスピードが早いと、1発打ったあと次の照射までの待ち時間が短いためサクサクと脱毛できます。

逆に、照射口が狭いもの、チャージスピードが遅いものだと、ケアに時間がかかってしまいます。

具体的にどれくらい時間がかかるの?

照射面積が6p前後で、チャージスピードが比較的速い脱毛器の場合、両ワキは数十秒で終了します。指やVラインなどの範囲の狭い箇所も1〜2分程度でしょう。比較的時間がかかるのは、範囲の広いヒザ下やヒザ上。それぞれ20〜30分ほどです。

顔・ワキ・Vライン・両脚・両腕を一気に行う場合は2時間ほど。ほかに、背中や慎重にケアする必要があるVIOラインなどを加えると時間はさらにかかります。

ですから、1度に全身脱毛しようとせず、今日は腕、次の日は脚、のように少しずつ分けて行った方が負担になりません。

全身脱毛におすすめの家庭用脱毛器

それでは、ぜひ自宅で全身脱毛をしてみたいという方におすすめの脱毛器を3つご紹介したいと思います。

ケノン

家庭用脱毛器のなかでは、ダントツの売り上げを誇るケノン。使いやすく脱毛効果が高いと、愛用者の多い商品です。

ケノンの特徴は、9.25平方センチメートルという広い照射面積。片ワキなんと約10秒でケアが可能です。照射回数も20万発(レベル1使用時)と業界最大級。1台あれば全身の脱毛がラクラクできてしまいます。

脱毛部位や毛の太さ、肌状態に合わせて10段階の照射レベル調節ができるため、剛毛の人でも敏感肌の人でも安心して使用できます。

本体価格は70,000円ほどと決して安くはありませんが、付け換え可能なカートリッジのみ自分用を所有して、本体は家族みんなで使う方も多いようです。

お母さんの全身脱毛、年頃のお子さんのワキ脱毛、お父さんのヒゲ脱毛などみんなで使えば、それぞれがエステに通ったり、電動シェーバーを購入したりするよりも格段に安く脱毛ができます。

ケノンの商品スペック

本体価格 出力調節 最大照射面積 最大照射数 カートリッジの種類 脱毛可能部位
69,990円 10段階 9.25㎠ 20万発 脱毛3種/美顔1種 IOライン・目周辺・唇を除く全身

ツーピーエス

ツーピーエスは、VIO全ての脱毛ができるのが最大の特徴です。デリケートゾーンの処理がしたくて脱毛器を購入する人は多いですが、実は、どの脱毛器でもVIO脱毛ができるわけではありません。

VラインはOKでも、粘膜に近いIOラインに使用することを推奨していない脱毛器は意外と多いのです。

また、1回1回照射ボタンを押さなくても、プローブを肌の上に乗せるだけで照射ができる「オートショット」も、ツーピーエスならではの便利な機能です。手が届きにくい部分や、利き手ではない方の手で使用するときは特に、その使いやすさを実感できるでしょう。

出力調節も8段階と十分。ケノンに比べて照射面積が多少狭いですが、その分本体値段も安くなっています。

ツーピーエスの商品スペック

本体価格 出力調節 照射面積 最大照射数 カートリッジの種類 脱毛可能部位
40,556円 8段階 6.51㎠ 13.2万発 脱毛1種/美顔1種(別売) 目周辺を除く全身

トリア・パーソナルレーザー脱毛器

日本で販売されているほとんどの脱毛器は、エステサロンのフラッシュ脱毛と同じ仕組みの光脱毛器。一方トリアは、医療機関で使用されているダイオードレーザー技術を開発した専門家が作った脱毛器です。

そのため、脱毛時の痛みは多少あるものの、光脱毛に比べて脱毛効果は高いと言われています。早い人なら2週間に1回、3ヶ月の使用で、むだ毛が気にならなくなることも。何よりも早く結果を出すことを優先したいという方にオススメの脱毛器です。

照射口が狭いため、広範囲の脱毛は時間がかかるものの、ワキやVラインなど細かい部分のケアには適しています。

充電式で連続30分の照射が可能。コードレスなのでどこでも好きな場所で使うことができ、脱毛中にコードが邪魔になることもありません。

トリアの商品スペック

本体価格 出力調節 照射面積 連続照射 脱毛可能部位
54,800円 5段階 1p四方 30分 IOライン・鼻から上を除く全身

全身脱毛でカミソリや毛抜きの自己処理と家庭用脱毛器のどっちがいい?

自己処理の場合、カミソリや毛抜きと家庭用脱毛器、どちらの処理方法の方がいいのでしょうか。

フラッシュやレーザーの脱毛は、長い期間をかけて徐々にムダ毛を減らすという方法なので、例えば、週末海に行きたい、明日デートがあるといったケースには対応できません。

その点、カミソリや毛抜きならその場ですぐに結果が出るうえに、ケア自体にお金がかかりません。手軽な方法として中高生の頃からずっと自己処理をしてきたという人は多いと思います。

でも、カミソリは毛だけでなく、角質層も少しずつ削り取っています。肌がヒリヒリしたり赤くなったりするのはそのためです。

また、毛抜きは、無理やり毛を引き抜くため、毛穴が開いたり傷ついたりすることがあります。傷ついた肌はバリア機能が働いて角質化し、新しい毛が肌表面に出られずに、埋没毛ができる原因にもなります。

何より、カミソリや毛抜きでの処理は、今出ている毛を一時的に処理するだけなので、ケアに終わりがありません。

家庭用脱毛には、ムダ毛の量を減らしたり、毛を細くしたりする抑毛効果があります。長い目で見れば、使い続けることで徐々に自己処理がラクになる家庭用脱毛器がおすすめです。

全身脱毛で脱毛サロンと家庭用脱毛器のどっちがいい?

近くに予約が取りやすい脱毛サロンがあり、お金にも時間にも余裕があるのなら、脱毛サロンはとてもオススメです。ベッドに寝ているだけで、脱毛からアフターケアまで全てしてもらえるのですから、何といってもラクですよね。

家庭用脱毛器の場合、準備から脱毛、冷却まで全て自分で行わなければいけないという面倒くささがあります。

しかし、予約やスケジュール・体調を気にすることなく、自分の好きなタイミングでお手入れができること、わざわざ通う必要がないこと、何ヶ所でも何度やっても追加料金がかからないこと、恥ずかしい部分を人に見せなくてもいいことなど、メリットもたくさんあります。

どちらにも良い点と悪い点があるので、どちらが良いとは一概に言えません。自分のライフスタイルや、脱毛部位、予算などに合わせて決めれば良いでしょう。

まとめ

脱毛はワキ毛だけでいいというなら、格安でできるエステサロンはたくさんあります。

でも、全身脱毛を考えているなら、家庭用脱毛器の方がずっと安くすみます。何年も通うとなると、その度にかかる交通費もバカになりませんしね。

また、お金の問題だけではなく、予約の手間や自由度の面から見ても家庭用脱毛器にはエステやクリニックにはない魅力がたくさんあるのもポイントです。

終わりのない自己処理からはもう卒業したい、自信を持って肌を出せるようになりたい、できるだけお金をかけずに全身脱毛をしたい、そんな風に思っているなら、ぜひ家庭用脱毛器を検討してみてくださいね。